ジスロマックの正しい飲み方

 

ジスロマックは抗生物質ですが、
一般の風邪薬のように
「1日3回食後に…」
という飲み方はしません。

 

副作用を起こさないためにも、
ジスロマックSRの正しい飲み方を知っておきましょう!

 

 

ジスロマックの正しい飲み方/h3>

 

ジスロマックには錠剤タイプと、
水に溶かして服用する顆状タイプ(シロップタイプ)
の2つがあります。

 

それぞれどんな飲み方をするのか
チェックしていきましょう。

 

錠剤の場合

 

ジスロマック500rを2錠、1日1回のみ。
あるいはジスロマック500rを1錠、1日1回。
これを3日間継続して服用します。

 

病状によっても飲み方は異なりますが、
特に下痢や腹痛などの副作用が心配な場合は
1日1錠を3日間継続する飲み方がいいでしょう。

 

どちらの場合も空腹時に服用し、
服用後も2時間は食事を控えるようにします。

 

ドライシロップの場合

 

容器に入った顆状タイプのジスロマック2gに水を入れ
よく溶かします。

 

水の量は容器のメモリを目安にしましょう。

 

これを1日1回のみ服用します。

 

錠剤タイプと同じく、空腹時に服用。
また服用後は次の食事までの間隔を2時間ほど空けます。

 

 

他の薬との飲み合わせ

 

ジスロマックは抗生物質ですから、
基本的に他の抗生物質が入った薬との併用はNGです。

 

効果が強まる、
あるいは効果が弱まってしまう可能性があります。

 

他にも次のような薬との飲み合わせには
注意が促されています。

 

  • ワーファリン(血液が固まるのを防ぐ薬)
  • 制酸剤(胃酸を抑える薬、胃腸薬)
  • シクロポリン

    (肝臓、腎臓、心臓などの移植手術後に用いられる免疫抑制剤)

 

市販の風邪薬や解熱剤、鎮痛剤には
抗生物質が入っていないため、
併用しても問題はありません。

 

整腸剤もOKです。

 

 

ジスロマックの正しい飲み方 まとめ

 

ジスロマックは一度飲むだけで効果が約1週間
持続する薬です。

 

過剰に飲み過ぎないこと。
またしっかりと効果を出すため、副作用を避けるために
空腹時の服用を守りましょう。

 

他の薬との併用にも十分な注意が必要です。

 

>>ジスロマック 通販へもどる